まつもと一箱古本市

信州は長野県松本市で行われる一箱古本市の公式ブログです。

【10.07まつもと一箱古本市★☆写真とともに振り返り_その1☆★】

みなさん、こんにちは。まつもと一箱古本市です。

終わってみれば、過ごしやすい天気に恵まれ多くの方に訪れて頂いた佳き一日。
ご参加下さった方々、近くから遠くから応援して下さった方々、
出店者の方々、助っ人に来て下さったみなさん、ありがとうございました。

当日の写真を少しずつアップしていきます。
まずは、準備も含め、時系列で全体像のわかる写真からいってみましょう。

準備の始まった朝・・・霧雨に濡れる第2会場の喫茶山雅。
この前庭が会場ですが、雨天の場合は室内2階に移動する予定でした。
f:id:mhitohakob:20171011141106j:plain
                     <撮影:宮川健太郎>
実は昨年も雨に悩まされました。
会場はは枡形跡広場。午前中はどしゃぶりで、おさまってきた午後から決行しましたが、数名の方がやむなく当日辞退となってしまいました。
出店された方の中には「楽しかった。あの雨の松本を乗り切った!」という連帯感に燃えたコメントをお寄せくださった方もおられましたが、せっかくの大切な本が濡れてしまったという事実もありました。
そんな経験から、今年はコストをかけて雨天対応の環境を用意しました。
出店料を1,500円としたのはそのような事情です。

そうはいっても、秋空の下が楽しそうなんですが・・・

   ・・・

「どうする、どうする、どうするの? 山雅屋内開催か!?」
焦る代表のうしろで、黙々と屋外会場の準備をする”助っ人”Hさん。
f:id:mhitohakob:20171011142027j:plain
                     <撮影:宮川健太郎>

朝8時過ぎ。しつこかった霧雨がようやくやみました。
濡れたコンクリートをホウキで掃いたり新聞紙で吸い取ったりしてどうやら乾き始めた、ありがたい;;
9時前には山雅会場出店者さんたちが続々到着。
ベテランの方の手慣れた準備風景が頼もしく、初出店者さんにも親切です。
f:id:mhitohakob:20171011144836j:plain
                     <撮影:宮川健太郎>


午前中はお客さんの出足は遅かったのですが、だんだん古本市らしい風景になってきました。
f:id:mhitohakob:20171011154441j:plain
                     <撮影:太田岳>


第1会場のピカデリーは、屋根付きの屋外と屋内ロビー、こちらは天気に左右されず安心して準備がすすみます。
f:id:mhitohakob:20171011150931j:plain
                     <撮影:太田岳>

第1回から受け継がれている公式ロゴの入った看板。
f:id:mhitohakob:20171011145031j:plain
                     <撮影:宮川健太郎>

音楽と古本、いい相性です。パンダもいますね^^
f:id:mhitohakob:20171011154710j:plain
                     <撮影:宮川健太郎>


第3会場は、昭和初期の洋館「松本下町会館」の前、つい3日前くらいに庭の工事もようやく一段落(ほっとした^^;)。
こちらも、雨天の場合は喫茶山雅2階の予定でしたが、屋外開催できました。
湧水もあり、かわいい赤いポストもあり、居心地のよい空間になっています。
「曲がり角に本の市がある風景はいいね」と、通りがかりのご近所の方が言って下さいました。
f:id:mhitohakob:20171011155053j:plain
                     <撮影:太田岳>
f:id:mhitohakob:20171011155120j:plain
                     <撮影:太田岳>


みなさん、3会場をまわって楽しんで下さっている様子です。
 <つづく>

【10.07まつもと一箱古本市★☆無事終了しました☆★】

本日「第3回まつもと一箱古本市」無事終了しました。
出店者の皆さまはじめご協力くださった皆さまに心より御礼申し上げます。
まずは取り急ぎ御礼まで。

【10.07まつもと一箱古本市★☆もう一度、箱主さん情報のまとめを☆★】

いろいろイベントもご紹介してきましたが、ついに日付代わり、当日を迎えつつあります。
やっぱり、メインは一箱を持ち寄る箱主さんたち。
地元松本、長野県内、山梨、東京、神奈川、富山からもいらっしゃいます。一箱古本市の魅力ってなんだろう・・あやしげ・・・^^
ぜひ皆様、箱主さんたちとお話ししてみて下さいね。
いくらでもネットで本は買えるし、Kindleだってある時代なんですが、「本」が文字通り手から手に渡る楽しさを、下町散歩しながら味わって頂けたら幸いです。
雨も午前中には止むような気配。
*もし雨の場合は、第2会場と第3会場は、共に第2会場喫茶山雅の2階になります。f:id:mhitohakob:20171007005429j:plain

【10.07まつもと一箱古本市 ★☆ ご協賛、ご協力頂いた方々☆★】

いよいよ今日となりました「第3回まつもと一箱古本市
多くの方々のご協賛、ご協力を頂き開催できることになりました。
ここにお名前を記し、深く感謝申し上げます。

【ご協賛】〜協賛金を頂きました。
 ・ベンリー松本あがた店
 ・ジャムデザイン株式会社※
 ・みすず税務法律事務所、弁護士小澤進さま※
 ・有限会社佐藤保険株式会社※
 ・おんせんブックス
 ・古本喫茶想雲堂
 ・洋酒店醇
 ※古本市に寄せて1冊選書を頂きました。

【ご協力】
  ・南陀楼綾繁さま(テーマ選書を頂きました)
 ・ピカデリーホール
 ・上土町町会
 ・喫茶山雅
 ・反町康治さま(古本市に寄せて1冊選書を頂きました。)

【チラシ設置のご協力】(順不同)
 ・おんせんブックス
 ・古本喫茶想雲堂
 ・本・中川
 ・大福屋(長野市
 ・アガタ書房
 ・宮脇書店松本店
 ・丸善松本店
 ・高美書店
 ・中島書店(塩尻市

 ・ホテル花月
 ・丸の内ホテル
 ・喫茶まるも
 ・ホテル池田屋
 ・サザンクロスイン松本
 ・ゲストハウス東家
 ・カンデラゲストハウス
 ・ゲストハウスtabi-shiro

 ・東部公民館
 ・松本市民芸術館
 ・松本市美術館
 ・松本観光情報センター(松本駅
 ・松本観光情報センター(大名町)
 ・豊科図書館
 ・穂高図書館

 ・awai art center
 ・give me little more
 ・マーズモースタジオ
 ・栞日
 ・knower(s)
 ・marking records
 ・パレーズギャラリー
 ・ヤマベボッサ
 ・cafe ちょこんと。
 ・Schrödinger's closet
 ・井上歯科医院
 ・サムサラ
 ・サロン アズ サロン
 ・chiian
 ・陶片木
 ・ザ・ソース ダイナー
 ・音楽喫茶サムシングテンダー
 ・喫茶かめのや
 ・豆とコーヒー ローラ
 ・コーヒースタンドhigh-five
 ・hop frog cafe
 ・toca by lifart
 ・chez momo
 ・がねいしゃ
 ・ガルガ
 ・ザ・ストーリハウスカフェ
 ・たい焼きふるさと
 ・半杓亭
 ・ロッピキ
 ・ニチカhair
 ・アランチャバーチェ
 ・スタンダードスタイル
 ・バードランド
 ・5センチ
 ・ブルーラインガレージカフェ(諏訪市
 ・竹内裕矢設計店(塩尻市
            
 ・団地堂(長野市)             
 ・光風舎(長野市)             
 ・まいまい堂(長野市)     
 ・サンデーライフコーヒー(長野市

 ・あうん堂金沢市
 ・こまつ町家文庫(小松市
 ・コメ書房(南砺市
 ・ひらすま書房(射水市
 ・なタ書(高松市

【10.07まつもと一箱古本市 ★☆ 本の紹介ゲーム登壇者ご紹介(募集も継続中)☆★】

第2会場喫茶山雅にて14時から開催される、本の紹介ゲーム(ビブリオバトル)登壇者(バトラー)をご紹介します。

【坪野 修久(つぼの のぶひさ)さん】
 言わずと知れた第1回、第2回のチャンピオン。
 その実体は、土井尻町に静かに佇む「洋酒店醇」のマスター。
 長年にわたるカウンター越しのトークで鍛えられた滑舌と、
 抜群の構成力で展開するプレゼンは説得力があります。

【市川 武彦(いちかわ たけひこ)さん】
 長野を盛りたい広告マン「ブチョー市川」こと市川武彦さんが、
 ビブリオバトル初参戦です。
 小耳に挟んだ情報によるとビブリオバトルについて敢えてリサーチせず、
 変則的な方法でプレゼンを試みるとか。

【宮坂 琢磨(みやさか たくま)さん】
 箱主さんからは「西洋軒」こと宮坂琢磨さん。フロム東京、実は信大卒の30代。
 古本市も初参加ならビブリオバトルも初挑戦というチャレンジャー。
 しかししかし、長年の出版社勤務を経て電子出版の会社に勤務という本のプロ。
 その実力は侮れません。大型新人登場か?

個性豊かな3人のバトラーが繰り広げる熱戦をお見逃しなく。

※まだまだバトラー募集しています。飛び入り参加も歓迎、奮ってご応募ください!

【10.07まつもと一箱古本市 ★☆ 「古本市」に「栞日」さんが連動(連帯)!「栞日古本市EXTRA」のご紹介☆★】

10月7日は「まつもと一箱古本市」だけではありません。
心地よい暮らしのヒントを集めた本屋さん「栞日」。
夏のブックイベントの代表「アルプスブックキャンプ」でも知られていますね。
「まつもと一箱古本市」に連動して、7日から「栞日一箱古本市EXTRA」が始まります。
全国の古書店から一箱が集まりますよ。

明日は、松本の街中で「同時多発的」に一箱古本市
とことん一箱古本市を楽しみ尽くしましょう!


sioribi.jp

【10.07まつもと一箱古本市 ★☆ エリア内のお店にも一箱。町歩きをさらに楽しむ「ぶらり箱」のご紹介☆★】

f:id:mhitohakob:20171006092058j:plain

「まつもと一箱古本市」は会場内だけではありません。
古本市が開催される上土・緑町エリアの以下のお店が、一箱出して下さいます。
会場移動の途中に「ぶらり」お立ち寄りください。
(当日配布の案内地図にそれぞれのお店が記載されています。)

ザ・ソース ダイナー】
 ここニューヨーク?
 ピカデリーホール向かいにあるハイコンセプトな人気店。
 他ではなかなか飲めないビールも取り扱っています。

【音楽喫茶 サムシングテンダー】
 音楽に造詣の深い店主が営むカレーの美味しい喫茶店。
 自家製ジュースやニューウェーブおやきなどチャレンジングなメニューも。
 ※箱は店内にあります。

【かめのや】
 老舗喫茶店「翁堂」の心を受け継ぐレトロ喫茶店。
 コーヒーは自家焙煎。落ち着いた雰囲気で、隠れた中庭がとてもキュートです。
 ※箱は店内にあります。

【増田写真機店】
 下町会館向かいの老舗のカメラ屋さんもご参加くださいます。
 店内には昔のカメラも並んで愛好家にはたまりません。

f:id:mhitohakob:20171006093245j:plain